HOME > アップルツリーブログ > アーカイブ > 2018年11月

アップルツリーブログ 2018年11月

  • ボックスアレンジメント

    お世話になった方へお花を送りたい

    そんなご相談をよくうけます


    目的や
    送る方がどこにお住まいか
    どんなお好みか
    などなど
    具体的なお話を伺って
    ご相談にお応えしています

    今回は
    ナチュラルテイストがお好みの方へのギフト
    遠方へ送ること
    他の品物と一緒に送ること
    などを考えて

    保存のきく
    プリザーブドフラワーのボックスアレンジをお勧めしました

    贈る方のご希望が具体的だと
    考え甲斐があります!!


    手作り感と
    オリジナリティーを出してほしい!というご希望には
    いろいろ考えた挙句

    先方のイニシャルをリボンで飾ってみました



    ちょっとクリスマス感も欲しい!

    それにはボックスのフタの飾りをちょっとクリスマスに!!




    贈る方と
    贈られる方の
    橋渡しができれば
    こんな嬉しいことはありません



  • 紅葉の京都へ

    京都
    大阪
    神戸へと

    紅葉と
    美味しいものを
    楽しんできました

    今年はあたたかく
    夏に豪雨の被害もあって
    関西の紅葉は遅く塩害の影響もあるとか

    それでも
    やはり美しい日本の秋を満喫できました

  • スクール創立35周年イヴェント

    タエコマーヴェリーフラワーズの秋のイヴェントが
    無事終わりました

    今年はスクール創立35周年という記念の年ということもあり
    たくさんの方に楽しんでいただきたい!
    思い出深いものにしたい!
    という思いが強くありました

    会場の赤坂プリンス クラシックハウスは
    東京都の有形文化財 赤坂プリンス旧館をリノベーションした
    趣のある素敵な洋館です

    外観も素敵
    足をふみいれるとさらに重厚な雰囲気でいい感じ~♪
    こんな素敵な場所でできる幸せ!!



    今回のイヴェントのテーマは
    「イギリスのおとぎ話の世界」

    たくさんのお話しのイメージを花で飾るというものです



    マーヴェリー校長のデモンストレーションは
    「ジャックと豆の木」




    「ガリバー旅行記」




    見ごたえのある大きな作品を
    イギリスならではのトークと共に
    仕上げていきます





    各テーブルには
    私たちインストラクターが
    それぞれのお話にあわせた作品をつくって
    飾りました

    私は
    「メリーポピンズ」
    明るいポップなイメージと
    昨年見たミュージカルの舞台をミニチュア版にしたような
    作品にしあげました





    他に
    「ピーターラビット」
    「ハリーポッター」
    「秘密の花園」
    「くまのぷーさん」
    「野ばらの森の物語」
    「不思議の国のアリス」
    「スノーマン」などなど
    すべてお花でデザインしてあります

    詳しい情報は
    Taeko Marvelly Flowersのサイトでごらんください







    フルコースのランチや
    講習会もあって




    他にもお祝い花の展示
    可愛いグッズ販売もあり





    参加者は超お得!大満足!!
    いただけたはずです~(笑)

    35周年という節目を
    たくさんの方と笑顔ですごせたことに感謝です

    これからも
    花のある暮らしの
    また新たなページを紡いで
    楽しいストーリーを作っていけますように・・・

  • 日日是好日

    毎年11月に
    生徒さんの資格試験があります

    intermidiate(中級)のアセスメントと
    Advance(上級)のエグザムです

    習い事に対する考え方は人それぞれ
    生徒さんの中には
    細く長く続けたい 楽しければハッピーという方
    やるからには資格を取りたいと願う方
    の2タイプに分かれます
    始まりはそのつもりではなかったけれど
    途中から変わっていく方もいらっしゃいます

    このところ毎年連続で受験する生徒さんがいて
    夏以降は私も受験モードにはいります(笑)

    目的に向かって一生懸命努力することは
    何歳になっても
    どんな道でも
    容易なことではありません

    習い事というものは
    一回やったからといって身につくものではなく
    繰り返し繰り返し練習することで
    身体にしみついていくものです
    そこが大変なところであり
    面白いところでもあります


    試験となるとまた話は別もの
    たかが試験 されど試験
    やるからには結果を出したいと思うのは同然のことです

    そんな中いつも思うことは
    正しい技術が伝えられているだろうか
    自分の言葉がきちんと届いているだろうか
    ということ
    上手くなってほしい!という強い想いが独りよがりになっていないだろうか
    試験という目的をかざすことで
    生徒さんにとって大好きなお花が大好きでなくなってしまっていないだろうか
    etc・・・
    生徒さん同様
    私自身も格闘します


    折しも
    9月に亡くなった女優の樹木希林さんの遺作となった映画
    「日日是好日」を観ました

    テーマはいろいろあるけれど
    私にとっては「道」
    茶の道と花の道が重なりました


    樹木希林さん演じるお茶の先生のセリフがたびたび響いてきます
    ラストシーンの樹木希林さんの最後のセリフ

    「教えることは いろいろなことを教えてもらえるってことよ
    「ここからが本当の勉強かもしれないわね

    日日是勉強
    そんな「道」にいられること自体が好日なのかもしれません

    PS
    その後生徒さんたちはよいお成績でそれぞれの級を合格しました
    努力は決して裏切りませんね

    (画像は京都詩仙堂)















1

« 2018年10月 | メインページ | アーカイブ | 2018年12月 »

このページのトップへ