HOME > アップルツリーブログ > 日日是好日

アップルツリーブログ

< 道端アンジェリカさんへのギフト  |  一覧へ戻る  |  スクール創立35周年イヴェント >

日日是好日

毎年11月に
生徒さんの資格試験があります

intermidiate(中級)のアセスメントと
Advance(上級)のエグザムです

習い事に対する考え方は人それぞれ
生徒さんの中には
細く長く続けたい 楽しければハッピーという方
やるからには資格を取りたいと願う方
の2タイプに分かれます
始まりはそのつもりではなかったけれど
途中から変わっていく方もいらっしゃいます

このところ毎年連続で受験する生徒さんがいて
夏以降は私も受験モードにはいります(笑)

目的に向かって一生懸命努力することは
何歳になっても
どんな道でも
容易なことではありません

習い事というものは
一回やったからといって身につくものではなく
繰り返し繰り返し練習することで
身体にしみついていくものです
そこが大変なところであり
面白いところでもあります


試験となるとまた話は別もの
たかが試験 されど試験
やるからには結果を出したいと思うのは同然のことです

そんな中いつも思うことは
正しい技術が伝えられているだろうか
自分の言葉がきちんと届いているだろうか
ということ
上手くなってほしい!という強い想いが独りよがりになっていないだろうか
試験という目的をかざすことで
生徒さんにとって大好きなお花が大好きでなくなってしまっていないだろうか
etc・・・
生徒さん同様
私自身も格闘します


折しも
9月に亡くなった女優の樹木希林さんの遺作となった映画
「日日是好日」を観ました

テーマはいろいろあるけれど
私にとっては「道」
茶の道と花の道が重なりました


樹木希林さん演じるお茶の先生のセリフがたびたび響いてきます
ラストシーンの樹木希林さんの最後のセリフ

「教えることは いろいろなことを教えてもらえるってことよ
「ここからが本当の勉強かもしれないわね

日日是勉強
そんな「道」にいられること自体が好日なのかもしれません

PS
その後生徒さんたちはよいお成績でそれぞれの級を合格しました
努力は決して裏切りませんね

(画像は京都詩仙堂)















< 道端アンジェリカさんへのギフト  |  一覧へ戻る  |  スクール創立35周年イヴェント >

このページのトップへ