HOME > アップルツリーブログ > ライフ > 断捨離 まだまだ続くよ・編

アップルツリーブログ

< 断捨離 リサイクル・編  |  一覧へ戻る

断捨離 まだまだ続くよ・編

リフォームがはじまって

ショールームで壁紙をきめたり
水回りを見てまわったり

わくわく
楽しい♪

さて
一度かかったエンジンはとまらないこの性分w
今度は
自分のものを断捨離するぞ!


思ってはみたものの
物が・・・
特にお花の道具やら資材やら
いつか使うだろうかというような謎なものも
山のようにある・・・

でも
経済活動をしている間は
これは必要
ということになりますw

写真
思い出の品
そういった必要ではないけれど捨てられないもの
そういう物の処分もむずかしい


断つ
捨てる
離れる

これは
生きている限り続くのでしょう


〇年〇月〇日に死ぬとわかっていれば
予定もたつんだけれどね

永遠の課題です










カテゴリ:

< 断捨離 リサイクル・編  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

  • リフォームスタート 断捨離に想う・編

    自宅のリフォームがスタートしています

    二世帯で暮らしていた家は
    築約40年の鉄骨木造戸建て

    人間と同じく
    家も定期的にメンテナンスしなくては
    ガタがきますね

    それに加え
    現在のアトリエが使えなくなるという
    切羽詰まった事情もあって
    急遽リフォームすることになりました



    今回は主に一階部分を取り壊すので
    まずは
    親世帯の荷物の断捨離をしなくてはなりません

    物が捨てられない典型的な昭和世代
    すでに経験している友人たちからも聞いて
    想像はしていたものの
    そこは
    想像以上の難攻不落城でした




    平成から令和の時代
    ミニマリストとか
    終活
    などというライフスタイルがもてはやされ
    テレビでも
    断捨離のビフォーアフターや
    親の家を片付ける2時間番組などが
    多く見られるように

    今や
    「断捨離」
    流行り言葉になっている片づけ作業

    実は本当に
    人間修行の場です・・w

    不要なものを
    断ち
    捨て
    離れる

    ことで
    環境や心を整え
    生活を改善する

    という奥深い本来の意味を体感しました


    それは
    単に
    物を捨てるということではなく

    親たちの生きた人生を
    掘り返し
    捨てるような気がして

    何度もくじけそうになりました


    それでも
    業者に頼んだら?
    そんな声に同意する気には全くならず

    心に決めたこと

    やるからには
    「感謝の気持ちをもって断捨離する」

    そう心にきめて
    攻め入りました!

    それは
    親に

    物に

    今ある幸せな生活に
    感謝して

    これからの生活を前向きにするため

    そう思うことで
    肉体的
    物理的な大変さを
    なんとか乗り越えようと思いました



    そして
    家族の協力もあって
    断捨離はなんとか間に合って
    ようやくリフォームがスタートしましたが

    断捨離決行3か月の結果
    五十肩とぎっくり腰となって
    強制休養を余儀なくされたわけです

    とほほ
    無理は禁物です






















  • 花の水替え

    年末年始の忙しさからか
    新年早々風邪をひいてしまいました
    情けなや~

    そんな時は
    優しい色の花たちに癒されますね


    花を飾りたいけれど
    水替えがね

    という声をよく耳にします

    たしかに
    なまものなので
    お世話は必要です

    水も放置すれば
    バクテリアが発生して
    花が枯れてしまいます

    でも
    朝ごはんの食器を洗った
    ちょっとそのあとで
    花瓶の水かえをしてあげると

    忙しい朝も
    ふっと一息
    お花たちも横論で

    一日優しい気持ちで過ごせる気がします





  • クランベリーの実

    クランベリーの実の鉢植え

    赤く色づきながら
    ころころとまん丸い実たちが連なる姿は

    実物好きには
    たまらない可愛さです

    実がなる
    ということは
    植物には当たり前のようなことですが
    必然ではない素敵なこと
    のように思います

    「実をむすぶ」
    頑張ったことが良い結果を実らせる
    恋愛が成就する
    子宝に恵まれる
    受験に合格する

    等々・・・







    私たち人間も

    小さくてもいい
    不格好でもいい
    自分なりの目標にむかって
    一生懸命努力したことが

    ちゃんと実になること

    幸せなこと

    頑張った自分を褒めてあげていいのです












  • 身体を作るのは・・

    今年は身体に注意ですよ

    って占い師から言われたからなのか

    夏の初めに風邪をこじらせたからなのか

    はたまた
    年のせいか

    身体がとてもナーバスになっているように感じます

    天気や
    気圧の変化

    ちょっとしたストレス

    いままであまり気に留めなかったものが
    感じられます

    鍼の先生からは
    身体の変化に鈍感
    と言われたことがあるので
    少し人並みになったかな


    この夏は
    すごく当たり前のことを見直す良いチャンスになっています

    規則正しい生活
    睡眠の量と質
    運動
    そして食べるもの

    これまでも
    料理はきちんとやってきたし

    献立も栄養バランスを考えて
    やってきたつもりだけれど

    とにかく
    身体が良いものを欲している!
    そんな状況


    有機野菜の宅配の無料お試しセットを
    いくつか試して

    今急成長の「OISIX]をしばらくとってみることにしました









    産地の顔が見える野菜 を売りにしているところは
    最近増えたけれど

    子供でも初心者でも作れるキットとか
    その辺のスーパーではちょっと手にはいらないような珍しいお野菜とか

    既存の商品にプラスした
    なんだろ ちょっと消費者をくすぐる上手なマーケティングセンスも
    気に入っています

    生徒さんから教えてもらって
    「タマチャンショップ」も
    どれもこれも欲しくなってしまう身体によさそうなものばかり








    すごくすごく当たり前のことだけれど

    口から入って
    おしりから出る

    その間の食べ物だけが
    自分の身体を作る!と思うと

    ちゃんと選択して
    ちゃんと吸収しなくちゃ
    って思います


    トップ画像は
    小豆島で宿泊した「島宿真理」のこだわりの朝食


  • 夏のインテリア

    8月16日に京都で行われれる「大文字焼」を見るツアーに 行く予定でした
    ところが大型の台風が
    なんとものんびりと 日本列島を直撃し

    上陸した15日が出発日だったため なんとツアーがキャンセルになってしまいました

    大文字焼は 単なるイベントではなく 「宗教的な行事」とのことで
    天候に左右されることなく開催とのこと
    幸い台風も過ぎ去って16日に無事決行されたようで
    BSで観るというなんとも言えない残念さ   

    また来年のお楽しみ
    ということで 気分を切り替えて

    こんな暑い時期に楽しくなるような インテリアを作ってみました


    透明のグラスに カラーサンドを少しづついれながら
    層になるようにして
    植物の根を切らないように そっと土を落としたものを 中央にいれて
    さらに上まで サンドをいれていけば出来上がりです



    水やりは 最初はたっぷり
    あとは 全体の2/3ほど水にひたっているようにすればOKです
    サラーサンドは ホームセンターでも100均でも手に入ります 




    お部屋のインテリアにあわせて 色のバリエーションを楽しんではいかがでしょうか

このページのトップへ