HOME > アップルツリーブログ > アーカイブ > 2017年11月

アップルツリーブログ 2017年11月

  • 『英国生活ミスター・パートナー』

    雑誌掲載が続きます!

    イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える「ミスター・パートナー」に
    フローラルデコレーションのユニット ラブスプーン☆が掲載されました!!

    雑誌のタイトルは
    「英国昔ながらのクリスマス」
    幸せをわかちあうために クリスマスリースの思い出
    として
    インタビュー記事と写真が4ページにわたり載っています

    表紙に私のリースのアップが採用されて
    テンションあがっています!

    お花の教室 English Flowerさん(blogはこちらから)
    花レッスン English Mamさん(blogはこちらから)
    そして私も
    イギリスでの生活をエンジョイした中で
    やはりクリスマスの思い出
    クリスマスリースの思い出はたくさんあります

    編集の方々が素敵なページにまとめてくださったので
    そんな想いが伝われば嬉しいな~と思います










    そして
    タイアップ企画のラジオ出演もきまりました
    この雑誌の編集長でエッセイストでもある井形慶子さんとの
    対談です
    2度めの体験でしたがやはり緊張してかみまくりました笑

    放送は
    12月10日(日)AM9:00~9;54
     FMFuji 78.6MHZ ウェストエンドトーク

    雑誌 ラジオともぜひ応援してくださいね!!





  • プリ❁フラ秋冬号

    プリザーブド専門雑誌 季刊「プリフラ」秋冬号に作品が掲載されました

    フォーシーズンズプレス社の「ベストフラワーアレンジメント」でご一緒いたスタッフさんが
    プリフラの担当になり
    「ぜひまたお仕事ご一緒したくて」
    とお声をかけてくださって
    これは嬉しい!!

    雑誌のタイトルは「プリフラで煌めくロマンティック聖夜」で
    その中の
    プリフラスノーと題して4テイストに分けた中の
    ナチュラル「フォレストスノー」P88 に3作品掲載していただきました




    一つはラムズイヤーリーフとスケルトンリーフをはりあわせたツリー
    土台はシナモンをはりあわせて花器にしました

    二つ目は星型花器のキャンドルアレンジメント
    真上からみると
    土台が星型だけどちょっと目立たないかな冷笑

    リースはプリザーブドリーフと天然素材の白い花材をクレッセント型にアレンジしたもの
    ホントはメインのバラが斜め右上にくるはずなんだけど
    ここはカメラマンさんの判断だったみたい笑


    テーマに合わせて
    デザインを考えること
    新しい資材をみつけること
    もちろん創ること
    そして
    別業種の方と一緒にお仕事すること
    それが形になって皆さんに見ていただけること・・

    レッスンだけでは味わえない達成感があります

    締め切りぎりぎりになってしまったので
    作品の写真を自分で取り忘れてしまいました
    書店でのぞいてみてください



  • 展示会生徒さん作品 ~ほっこりシリーズ~

    私の「雪降る森のほっこりツリー」と同じ色調 花材で作ってくれたのは
    ミニ看板を描いてくださったTさん

    ほっこり親子とでもいう雰囲気になりました





    キャンドルのまわりにプリザーブドをアレンジ
    白いミツマタでツリー型に仕上げました




    まん丸トピアリーはHさんの作品
    ほっこりツリーたちと同じ
    アイボリー モカ ヌードピンクといった色のミニバラやアジサイ
    木の実もいれて
    形は違えどもほっこり優しい雰囲気になっています

    丸くするのは難しい!
    沢山入るわ~!と頑張って作りこんでくれました

    展示会当日は
    予定よりテーブルのスペースがなかったので
    所狭し でしたが
    私の作品は一段低くしてなんとかまとめました


    12名の生徒さんの頑張りの結晶がひとつになるって
    素晴らしいな とあらためて思いました







  • 展示会生徒さん作品 ~個性的な作品たち~

    今回一番の大作を手掛けてくれたのはHさん

    季節のイベントにあわせたクラフトが大好きな彼女は
    ご自分の世界をしっかりもっていて
    デザインから資材集めからほとんどご自身でされました

    プレゼントを配りまわったサンタさんが
    しばし休憩・・・
    そんなタイトルもつけてくれました

    鏡を湖に仕立てて
    グリーンや枝をアレンジ
    ツリーはあえてシンプルにプリザーブドグリーンで

    絵本のような楽しい仕上がりになりました




    こちらも絵本のような
    可愛らしい世界観を感じさせるTさんの作品
    今年の夏に北欧を旅した時に買われたキュートな白いお家のまわりを
    プリザーブドのミニアレンジがぐるりと囲んでいます

    プラスチックのプリン型に白樺のシートをはりつけて
    オアシスをセット
    花材をアレンジするという
    根気のいる作業でしたが
    丁寧に仕上げてあたたかい雰囲気を醸し出しています



    ひときわ白い輝きを放っていたのは
    Yさんのシェルのツリー

    不揃いで質感もちがう貝たちをはるのは易しくありませんが
    パズルを組み合わせるように丁寧に仕上げてくれました
    ご自身が訪れた奄美のサンゴや
    さくら貝をおしゃれに飾って
    センスある作品になりました

    やはり北欧を旅した際に買われたという
    本場のムーミンちゃんたちも飾らせてもらいました






  • 展示会生徒さん作品 ~グリーンツリー~

    シンプルで洗練したデザインに作りあげてくれたのは
    Kさんのレインディアモスをつかったツインツリー
    ツリー型にレインディアモスを根気よくはりつけて
    飾り付け
    さらに
    上級のコサージュテクニックをいかして
    小さなプリザーブドをカラーワイヤーでつなげて
    ぶらさけました




    双子の傍らは
    違う色みのモスをグラデーションにしました

    花器も
    光沢のあるシャーリング素材の幅広のリボンを
    はりつけた手作りです


    ディプロマ試験をひかえたTさんも
    頑張って参加してくれました

    フェルトのような手触りが心地よい
    ラムズイヤーのプリザーブドリーフと
    厚みのある濃いグリーンリーフ
    白いスケルトンリーフ

    やはり上級のフューネラルテクニックで学んだスケール状にはりつけて

    毛糸のリボンで飾り付け

    土台は
    コットンフラワーをはりあわせて

    ふわふわあったか~い作品になりました



  • 展示会生徒さん作品 ~木の実のツリー&トピアリー~

    自宅の庭の松ぼっくりをたくさん寄付してくださったOさんは
    それらを使ってのツリー
    差し色に赤い木の実やバラの花をアレンジしました







    土台はアイアンのキャンドルスタンド
    安定感のない土台作りに苦労しましが
    ゴージャスに仕上がりました




    対でお作りいただいたのは
    Nさんのホワイト&ゴールドのシックなツリー
    丁寧な作業が仕上がりに反映しています
    差し色を変えるだけで
    印象ががらりと変わりますね






    可愛いトピアリーにしたい”!と
    頑張ってくださったのはTさん

    形や大きさのちがう木の実や花を
    まん丸にアレンジするのは
    苦労しましたね

    赤いリンゴがキュートです

    シナモンの花器と
    よくマッチしています



  • 展示会生徒さん作品~ドライフラワー~

    雪につつまれた森のイメージ
    壁にかけたのはドライフラワーの2作品

    ねこじゃらしを使って
    ふわふわっとしたリースが作りたい
    というIさんの作品
    ナチュラル&シンプルに
    こだわりの作品作りをしてくださいました



    同じくドライフラワーのスワッグはOさんの作品

    リースとほとんど同じ花材で
    インパクトのある木の実やシナモンなどを入れて
    個性的な作品に仕上がりました
    はじめてのスワッグ作りをとても楽しんでいました



  • 「雪降る森のほっこりツリーたち」

    このタイトルに記憶のある方は
    アップルツリーのブログを相当読み込んでくださっている方です笑

    昨年のクリスマスに横浜赤レンガ倉庫で展示した私の作品のタイトルに
    ちなんで
    今回のTaeko Marvelly Flower Schoolのイベントのクリスマスマーケット&展示会に
    世田谷教室の生徒さんたちをさそって参加
    総勢13名の巨大勢力となりました



    舞台のイメージは
    北欧の雪深い森
    テーマカラーも
    ホワイト&グリーン&グレイ
    コンセプトは
    ほっこり!

    お一人お一人とミーティングをして
    作ってみたいイメージや
    個性にあわせて
    デザインを決めていきました

    作業はアトリエでそれぞれがそれぞれの作品を制作する
    という
    まさに
    私の花のアトリエのイメージ通りとなり

    生徒さんは大変だったかと思いますが
    私はとってもとってもハッピーなプレパレーションとなりました!!
    前向きで明るい生徒さんたちに感謝です!お疲れさま~
    共有できる思い出が増えることは本当に嬉しいですね






    シックながら
    全体に統一感があって
    ひとつひとつの作品は
    個性豊かで技術の光るものばかりとなりました

    このミニ看板は
    チョークアートの資格をもつTさんの作品です



  • スクールイヴェント『クリスマス・プレパレーション』

    Taeko Marvelly Flower Schoolのイベントが終了しました

    今年は
    「クリスマス・プレパレーション」と題して
    埼玉のインストラクターチームが頑張ってくださいました

    クリスマスを待ちわびながら
    ツリーやリースを飾ったり
    クリスマスのお料理の準備をしたり
    そんな
    わくわくがたくさんつまったイベントとなりました

    マーヴェリー校長のデモンストレーションはクリスマスらしい
    きらきらライトをつかった天井までもある大きなアレンジメント

    講習会では
    流行りのハーバリウムや
    イギリスで人気の折り紙とフレグランスソープを使ったオリジナルオーナメント
    を楽しんでいただきました

    そして
    大宮パレスホテルの料理長のクリスマスコースは
    イギリスのメニューも組みこんんだ特別メニュー
    大きなターキーを目の前でさばいてくださって
    気分はすっかりクリスマスです

    メインルームの横のスペースで
    有志によるクリスマス展示販売もありました




    私たち世田谷教室の有志も参加
    その作品たちは
    次回から詳しくご紹介します

1

« 2017年10月 | メインページ | アーカイブ | 2018年1月 »

このページのトップへ