HOME > アップルツリーブログ > 10ページ目

アップルツリーブログ 10ページ目

  • 大人カラーのひまわり

    真夏のひまわりは
    空にむかって元気に咲く姿に
    エネルギーをもらいますが

    すこし秋風を感じる
    夏のおわりには

    こんな大人カラーのひまわりが
    しっくりきます

  • LONDONへ ~語りつくせません~

    もちろん飲んでばかりいたわけではありません(笑)

    毎日軽く一万歩を超える超アクティブな旅でした
    バスやチューブもたくさん利用して
    やはり住んでいたことのある街は
    土地感も安心感もあります


    ハリー王子とメーガンさんが結婚式を挙げたウィンザー城まで
    足をのばして
    実際のチャペル内を見学できたり



    植物研究として世界的にも有名なキューガーデン



    マイフェアレイディーの舞台となったコヴェントガーデン

    懐かしいスーパーマーケットめぐり

    故ダイアナ元皇太子妃が住んでいたケンジントンパレス公園をお散歩しているときには
    突然の雷雨に猛ダッシュで近くのホテルにかけこんだり

    最初にたちよったパリでは
    おしゃれに輝くシャンパンアワーのエッフをまじかで見て




    豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿も堪能



    美味しいフランス料理
    美術館も楽しみました





    パリからロンドンに渡るユーロスターに乗り遅れて
    40ユーロの手数料をはらって次のチケットをゲットしたり
    なんて今では笑い話のドタバタもあり

    近くのスーパーで美味しいチーズやワインを買い込んで
    お部屋で宴会?したり

    そう!サプライズでお誕生日をお祝いしてもらって幸せ~!!

    どこを切り取っても
    楽しい思い出ばかりです
    それでもまだまだ時間が足りません
    また次回のお楽しみですね

    今回は
    いつも一緒に仕事をしている花を通して知り合った仲間と

    私のお教室で仲良くなった3人の生徒さんと
    という
    いわば花がご縁の仲間たちとの旅ということも
    より一層嬉しいことでした


  • LONDONへ! ~パブは楽し~

    ロンドンといえばパブ
    パブといえば
    パイントビアとフィッシュアンドチップス

    ってこれはもう古い!
    ロンドンの食は進化していました

    パブ飯といえども
    盛り付けもおしゃれで
    つけあわせやソースにもこっちゃってる
    イギリス料理はまずい なんて言わせないという
    意気込みが感じられました(笑)


    今年はイギリスも猛暑でしたが
    パブのお花はどれもきれい!
    ご紹介しましょうね
















    パブは街の人々のコミュニティーの場

    変わらぬ場所であってほしい!と思いました
    こんなジョークもイギリスらしいな!!





    生徒さんとは現地集合現地解散でしたが
    パブで全員集合の笑顔の一枚を!!




  • LONDONへ ~MINERVA展~

    前回お話しした展示会 MINERVA2018

    ロンドンは
    私が花と深くかかわることになった大切な街です

    その街での展示会には
    沢山の感謝をこめたいと思いました

    作品を作るときはいつも
    その時の想いをこめたいと思っています
    人に伝わらないかもしれない自己満足です(笑)

    もうひとつは
    花と何かをコラボするようにしていること

    海外の展示なのでもちろんアーティフィシャルフラワー
    「和」の要素もいれるために
    着物の生地をつかうことにしました

    タイトルは
    「紡ぐ ~Tsumugu」

    一番身近で大きな存在であるふたりの母たちへの想いをこめようと
    思いました

    義理の母は奄美大島で大島紬の織元で育ち
    着物をこよなく愛していました
    大島紬 Tumugi の端切れを頂戴して作品にいれました

    実家の母は
    日本舞踊の名取として今も元気に踊っている
    その姿をイメージしました
    愛情豊かに育ててくれた感謝と
    それを次の世代にもつなげていかなければ という
    Tsumugu想いです

    デザインは
    私自身がイギリスで暮らしているとき
    暗くて長い冬の終わりに咲いて
    人々に春と希望を与えてくれた大好きなスノードロップの
    形をイメージしました

    盛り込みすぎですね?!

    レセプションパーティーには出席できなかったけれど
    当日会場で主宰の方に偶然お会いできて
    ラッキーでした!

    作品作りから
    実際にロンドンに行けるまで
    私にとってひとつ大きな区切りとなった気がします









  • LONDONへ!!

    今年の夏は忘れられない夏となりました

    念願のロンドンへ旅行してきました!!

    帰国して早14年 その間一度旅行しただけなので
    超久しぶりのロンドンです

    しかも
    今回はラブスプーンの仲間二人と
    生徒さん3人と一緒です

    実は今回の旅が実現したのは
    ロンドンのギャラリーに作品を展示するチャンスをいだたいたことが発端でした

    これまで
    横浜 金沢 ニューヨークという展示を評価していただき
    英国国立美術家協会(RBA)から会員という認定をいただきました
    RBAは、1823年に王立の新しい芸術家団体として
    イギリス国内外の様々なアートを支援する目的の団体で
    今回は女王のお膝元であるバッキンガム宮殿のそばの
    Mall Galleryで作品展を開催するということでした

    これはロンドンに行けるチャンス!!
    そして仲間のおかげで実現したことに本当に感謝です!






  • 気分はトロピカル

    エレガントクラスのレッスンでは
    季節の花材を楽しんでいただくことを
    一番に考えています

    今回は

    思いっきり夏らしく
    アンスリウム
    ヘリコニア
    パイナップル
    めずらしい赤と黄色のバラ
    デンファレ
    などに
    モンステラ
    クロトン

    などの個性的なグリーンで

    のびのびといけていただきました



    足元にも一工夫
    フォームをセロハンで包み
    モンステラで巻いて

    涼しげなホワイトやガラスの花器において飾りましょう





  • 穏やかに・・・

    いやぁ~暑い!
    それしか出てきません汗

    梅雨入りしたら猛暑
    梅雨明けしたら各地で豪雨
    今年の夏はちょっと異常です

    地震
    豪雨
    突然牙をむいて襲ってくる天災
    被害にあわれた方々を思うと胸が痛みます


    今こうして
    大好きな花と
    素敵な仲間や生徒さんたちと過ごせることに
    感謝です
    そして天災は他人事ではない
    いつ自分たちを襲ってくるかわからない
    この日常がいつ非日常になるやもしれない
    ということを
    自覚しなければいけません

    そしていついかなる状況でも
    目の前のことに一生懸命生きていこう
    という気持ちを持ち続けることは
    案外難しいことなのです


    こちらはお悔みのアレンジメント
    ほんのりピンクがかったやさしい印象のユリです


    穏やかな気持ちで過ごすこと・・・
    すべての人がそうであってほしい
    それが一番の幸せなのかもしれません





  • サマーギフト

    お世話になった方へのアレンジメントのご注文です

    夏らしいバスケットに
    さわやかな色あいでまとめました

    ジニア
    レモンイエローのバラ
    リューカ
    ユーカリetc

    喜んでいただけてよかった!





  • 夏の花嫁

    幸せなお写真が届きました

    一生に一回の結婚式の花をお作りすることは
    仕入れからお届けまで
    本当にありがたくもあり
    テンションもあがり
    ドキドキでもあり
    そして緊張の連続です

    お式が終わって
    お便りをいただくまでは
    その緊張が地味~に続いています

    特に
    こんな暑い季節は
    最後まで花が元気だったかどうか心配になります




    こんな幸せいっぱいなお写真を見ると
    ようやく
    ほっ~~

    出来るのです

    末永くお幸せに



  • プロテア王者の風格

    このインパクトのある花
    「プロテア」

    南アフリカ原産のヤマイモカの植物です

    花言葉は
    「王者の風格」
    わかるわ~

    ドライフラワーではよく使いますが
    生のプロテアをレッスンで使うのは初めてかも
    見た目とは裏腹に
    まわりの薄い花びら?が
    まるでフェルトのようにふわふわで気持ち良い

    こけしのように
    花首が重たいので
    花束を組みながら
    左手がつりそうになります(笑)





    プロテアに合わせたのは
    ライムグリーンのジニア
    ハンゲショウ
    パ二カム
    セダム
    アワ
    サンキライなど

    最近の傾向として

    かちっとまとまってコロンとした花束ではなく
    グリーンや野の花系の花材を
    凹凸をつけて組む花束が流行っています

    花嫁さんのブーケにも
    その傾向があります
    グリーンが沢山はいっていると
    ほっとしますね





<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ